U-70 (ウレタン)の概要

U-70(ウレタン)は、耐油性耐圧性を兼ね備えるウレタンゴム原材料としたOリング用のゴム材質です。極めて優秀な物性を保有することから摩耗性にも優れ、Oリングなどのパッキン以外でもベルトや板、靴底などにも利用されています。Оリング材質に於いては最も優秀な耐圧性を有するU-70(ウレタン)は高圧シールで重用されていますが、極端に加水分解し易いことから耐候性に劣り、保存が難しいという欠点があります。尚、U-70は規格(JIS B 2401)材質ではありませんが、準規格(JIS B 2401規格外)材質として広く流通している汎用材質のひとつです。


 * Oリング以外でも様々な形状の製品製作が可能ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。

>>>お問い合わせ

>>>販売(Oリング.com)

>>>材質の一覧(ラインナップと性能)

>>>材質名称の対比(規格/メーカー)

 

化学構造

U-70.pngポリエーテルウレタンゴム、若しくはポリエステルウレタンゴムは、主鎖中にウレタン結合(-NHCOO-)を持っていることからウレタンゴムと呼ばれています。R部によって2種類のタイプが有り、ポリエーテルの場合はEU、ポリエステルの場合はAUといいます。また熱可塑型と熱硬化型の原料ゴムが存在し、前者はEUで、後者はAUで多く採用されています。EUとAUの主な特徴を比較すると下表のとおりとなりますが、Oリングでは熱硬化型の方が加工性に勝る為、AUの方が多く用いられています。但し、EUはAUよりも耐加水分解性に優れている為、AUでは難しい梅雨時の生産も可能になります。

特徴
耐油性 AU EU
耐寒性 EU AU
耐加水分解性 EU AU

 

 

関連する法規制等

  • RoHS指令10物質(Pb, Cd, Hg, Cr6+, PBB, PBDE, DEHP, BBP, DBP, DIBP)の含有量は閾値以下です。
  • REACH規制対象物質の意図的添加はいたしておりません。

U-70(ウレタン)の特性値や物性値

U-70の参考値

U-70は、公的な規格(JIS B 2401)材質ではありませんが、ウレタン70°などの名称で広く流通している準規格(JIS B 2401規格外)材質です。

試験種類 項目 U-70
常態物性試験 硬さ (JIS-A) 70±5
引張強さ (MPa) 10.0
伸び率 (%) 200
100%引張応力 (MPa)


使用温度範囲

推奨値は0〜100℃です。但し、最高温度域での継続使用は熱硬化による破損が生じやすく、寿命が短くなります。また最低温度域ではゴム弾性が悪くなる為、シール性が下がってしまいます。ご注意下さい。

 

 

圧力特性

最高圧力の推奨値は25MPaで、大変優れています。但し、諸条件によって数値は異なります。尚、耐圧性バックアップリングの併用で向上させることが出来ます。

 

 

耐薬品性

耐鉱物油性に優れますが、加水分解しやすい為、水分を含む薬品には適しません。Oリングの耐薬品性 (接触流体と材質の適合性)にてより多くの液体や気体に対する耐性の一覧を掲載しておりますので、下表と併せて参考にして下さい。

薬品名 耐性 薬品名 耐性
アセトン × 硝酸 ×
アンモニア水 スピンドル油
IPA 100℃水蒸気 ×
エタノール 石鹸水
エチレングリコール 炭酸水
エチレンジアミン × 炭酸ガス
エマルジョン系作動油 灯油
塩酸 × トルエン ×
エンジン油 動物油
海水 × フッ酸 ×
過酸化水素水 × フレオンR134a ×
苛性ソーダ × ベンゼン ×
ガソリン マシン油
カップグリス ミルク
ギア油 水系切削油 ×
軽油 メタノール ×
ケロシン MEK ×
酢酸エチル × ラッカー ×
酸素 りん酸エステル系作動油 ×
植物油 硫酸 ×
次亜塩素酸ソーダ × リチウムグリス
シリコングリス 鉱油系冷凍機油
重油 × 硫化水素 ×

◎:使用可 〇:多少の影響有り △:あまり推奨しない X:使用不可

注)上記は参考データです。温度や圧力、その他の条件によって使用可否は変化します。


>>>お問い合わせ

>>>販売(Oリング.com)

>>>材質の一覧(ラインナップと性能)

>>>材質名称の対比(規格/メーカー)

このページのTOPへ戻る

U-70(ウレタン)の使用について

主な使用箇所

  • 高圧シリンダーの各種シール材
  • 高圧ポンプのハウジング及び接続部
  • 高圧継手のシール材
  • 産業用設備の密閉箇所
  • 圧力容器の密閉材
  • 搬送ローラーの滑り止め
  • 駆動用の丸ベルト

 

 

取扱注意点

  • 基本的に外部影響を受けやすい材質ですので、湿度の低い冷暗所で保存して下さい。特に夏場の湿度にはご注意ください。
  • 負荷が掛からない状態で保存して下さい。伸長や圧縮状態で保存すると変形や亀裂が発生しやすくなります。
  • 推奨温度や圧力を超えてのご使用は、急激な劣化を起こします。ご注意下さい。
  • 適さない流体との接触には十分注意して下さい。


>>>お問い合わせ

>>>販売(Oリング.com)

>>>材質の一覧(ラインナップと性能)

>>>材質名称の対比(規格/メーカー)

このページのTOPへ戻る