オイルシールの製造方法

オイルシールの製造工程を紹介いたします。一般的なオイルシールの造り方について、大まかな流れを写真入りで掲載しています。製作中の製品で納期の目安を考える場合などに、オイルシールの基礎知識として参考にして下さい。

>>>オイルシール 製品情報

>>>オイルシール 技術資料

>>>お問い合わせ/販売

 

オイルシールは、その構造に於いてリップ部のゴム材質以外にも、バネ及び金属環といった金属材質による構成部品を含みます。その為、大凡の製造工程はOリングの造り方と同様ながら、異なる工程を挟んでいます。また、プレス工程ではゴム生地を金属環と一体で成形することから、成形時のゴム収縮率なども、Oリングのような補強材を含まないゴム製品とは異なります。

 

ゴムコンパウンド(ゴム生地)の製作(素材の配合・混練り)

原料ゴムと配合剤を練り合わせて、ゴムコンパウンドを造ります。

IMG_3500-モザイク.jpg IMG_3489-1.jpg

分出し・裁断

プレス工程で金型にセットし易くする為に、ゴムコンパウンドの形と重量を整えます。

IMG_3532-1.jpg IMG_3548-1.jpg

金属環の前処理

金属環に表面処理剤を施し、熱をかけて定着させます。

IMG_3527-1.jpg IMG_3528-1.jpg

プレス成形

金型に前述のゴムコンパウンドと金属環をセットし、熱と圧力をかけて一定時間プレスして加硫と成形を促します。

IMG_3632-1.jpg IMG_3633-1.jpg

仕上げ

金型から半製品を取り出し、バリを除去します。

IMG_3550-1.jpg IMG_3551-1.jpg

二次加硫

未反応成分を除去して物性を安定させる為、加熱処理(ベーキング)を行います。

IMG_3592-1.jpg

バネの取り付け

型式に応じ、バネを取り付けます。

IMG_2788-1.jpg

検査

基準に従って外観検査を行います。

ファイル_008-1.jpg

包装

損傷や変形、異物混入などがないように定められた基準で梱包し、トレーサビリティーを確保する為の重要記録でもある製品ラベルを貼付します。

IMG_3558-1.jpg IMG_2766-1.jpg

 

>>>オイルシール 製品情報

>>>オイルシール 技術資料

>>>お問い合わせ/販売