グランドパッキン

グランドパッキンのまとめです。カットの種類や材質、切断、取付、保管方法などを解説します。グランドパッキン選定や設計、使用にお役立て下さい。

グランドパッキンとは、一般的に断面が角形で紐状の軸封部品です。グランドパッキンは、軸が回転する機器やプランジャーポンプ(ピストンポンプ)のように軸が往復運動をする軸や、バルブステムのようにヘリカル運動(ら旋運動)をする軸に対して、圧力の加わった流体が、機器の外部へ流出するのを防ぐために使用されます。

JIS規格では、JIS B0116:1978で「一般的に断面が角形で、スタッフィングボックスに詰め込んで用いられるパッキンの総称」として定義されています。


[グランドパッキンの種類]

 主なグランドパッキンのカット形状は2種類です。


gp-s-1.jpg gp-v.jpg
ストレートカット バイアスカット(45°)
カット面が真っ直ぐなので、長さ調節が容易 合わせ面が広いため、より締め付けることができる

 

[グランドパッキンの材質]

 グランドパッキンには次のような材質があります。

 ◆ブレードパッキン(編組パッキン)

ポンプ用、回転機用として用いられるグランドパッキンで、繊維糸を編み組んで紐状にしたものに潤滑剤を処理したり、ゴムや樹脂を含侵させたグランドパッキン。編み方には、八つ編み、袋編み、格子編みなどがある。

 ◆積層パッキン

布とゴムを交互に積層したり、巻き込んだりしたグランドパッキン。交互面が軸に接するようにして使用される。

 ◆金属箔パッキン

金属箔のリボンを使用し、適当に、巻き重ねたり、組み合わせたグランドパッキン。

 ◆黒鉛パッキン

黒鉛のテープを巻き込んだり、黒鉛のシート打ち抜いたりしたグランドパッキン。アダプタパッキンと併せてバルブの弁棒シールなどに用いられる。

 ※その他、特殊なグランドパッキンとして、注水式グランドパッキンなどがあります。

 

[グランドパッキンの選定]

 グランドパッキンは、次のような環境条件によって選定する必要があります。

  • 軸の回転の種類
  • 軸の回転数
  • 圧力
  • 流体
  • 温度

 ※回転ポンプ軸用としてグランドパッキンを使用する場合は、摺速も考慮する必要があります。

  摺速の算出方法は下記の通りです。

 

V = πDN / 60,000 V:摺速(m/s)
D:軸径(o)
N:回転数(rpm)

 

[グランドパッキンの切断と取り付け]

  • グランドパッキンをカットする際は、よく切れる工具を使用し、パッキンの長さは下記の通り設定してください。

パッキン長さ = π / 2 (軸径 + スタッフィングボックス内径) × 1.03〜1.05

パッキン長さ = 1.62〜1.65 × (軸径 + スタッフィングボックス内径)

☆グランドパッキンは、シールにおいて長さが重要なポイントとなります。

  • 古いパッキンは全て取り除きます。パッキン押さえを使用して取り付ける場合は、軸にきずを付けないように注意します。
  • 装着の際、グランドパッキンの数及び組み合わせ方法をよく確認します。
  • グランドパッキンの切り口の両端が、必ず全面が突き合わされるようにし、1リングごと隙間なく、奥まで締め付けながら取り付けます。 その際、パッキンの切り口を90°〜120°ずつずらしながら取り付けてください。

GP.jpg

*スタッフィングボックス・・・ポンプの軸貫通部に取り付けられるパッキンを詰めるための箱。

※特殊な場合、パッキンのはみ出し、浸透漏れ、背漏れを防ぐためにスペーサーリングを使用することもあります。


[グランドパッキンの保管方法]

  • 使用時まで開封しないでください。ごみの付着や異物、傷が付く恐れがあります。
  • 一度開封した製品を保管する場合は、できるだけ元の通りに包装し、密封して保管してください。
  • 直射日光や蛍光灯などの光源を避け、湿度の低い場所に保管してください。
  • 風通しの少なく、高温にならない場所に保管してください。
  • フックなどに掛けたり、紐に通してぶら下げての保管は避けてください。
  • 放射線やオゾンの発生する場所、電動機(コピー機など)の近くでは保管しないでください。
  • ごみやほこり、油が附着しない環境で保管してください。

 

>>>販売/お問い合わせ