桜シール株式会社【Oリングの製造・販売】
桜シール株式会社
[1]トップページ
[2]企業紹介
[3]製品情報-Oリング
[4]製品情報-オイルシール
[5]製品情報-パッキン・ガスケット
[6]製品情報-ゴム成形品ほか
[7]技術資料-Oリング
[8]技術資料-オイルシール
[9]技術資料-パッキン・ガスケット
[10]カタログ
[11]お問い合わせ(販売窓口)
[12]サイトマップ

メニュー:技術資料 Oリングの...
[#]次へ
Oリングの耐薬品性(流体とゴム材質の適合性)

Oリングの耐薬品性とは、接触する流体(液体や気体)からの影響でゴム材質(樹脂材質)膨潤や溶出(抽出)、分解といった現象が発生し、Oリングのシール機能が阻害されることへの耐性です。耐薬品性を決定付ける要素としては、ゴム材質の反応基や分子量、分子構造などを挙げることが出来ます。しかしながら水や油、酸、アルカリ、溶剤ほか、多岐に亘る流体との相関関係を一括りで説明することは極めて難しく、ひとつひとつを個別に判断していく必要があります。ここでは、流体ごとに材質個々の使用可否を端的にまとめることで、Oリングの耐薬品性を判断する為の目安を提示いたします。但し、これらの評価はOリング選定の参考として有効ですが、実際の使用では、温度条件(耐熱性耐寒性)や圧力条件(耐圧性)をはじめ、諸々の条件が複合的に影響します。一般的な仕様が当て嵌まらない場合があるので、使用に当たっては適合性の確認を行って下さい。また、ゴム材質の気体を密閉する性能(ガスバリア性)については、気体透過性を参照して下さい。

>>>お問い合わせ

>>>販売(Oリング.com)


↓ Oリング(ゴム/樹脂)と接触する流体(液体/気体)の頭文字を選択して下さい ↓

あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行
ABC DEF GHI JKL MNO PQRS TUV WXYZ 数字 記号
耐薬一覧の対応番号(汎用シリーズのOリング材質)
対応
番号
@ A B C D E F G H
材料
系統
ニトリル
(中高)
ニトリル
(高)
フッ素ゴム
(2元系)
シリコン エチレン
プロピレン
クロロ
プレン
水素化
ニトリル
ウレタン フッ素
樹脂
Oリング
材質
NBR-70-1
NBR-90
NBR-70-2 FKM-70
FKM-90
VMQ-70
VMQ-50
EPDM-70
EPDM-90
CR-70 HNBR-70
HNBR-90
U-70
U-90
PTFE
耐薬一覧の対応番号(高機能シリーズのOリング材質)

FP=フロロパワー, FU=フロロアップ

対応
番号
I J K L M N O P Q
材料
系統
パーフロ
(FFKM)
パーフロ
(FFKM)
フッ素ゴム
(3元系)
バイトン
ETP
(FFKM-E)
アフラス
(FEPM)
(旧型)
アフラス
(FEPM)
(新型)
フロロ
シリコン

(FVMQ)
フッ素ゴム
(低粘着・
低固着)
フッ素ゴム
(低粘着・
低固着)
Oリング
材質
FP-FF
FP-FFW
FP-FFS
FP-FFSW
FP-FFN
FP-FFP
FP-FFH90
FU-FFEX
FP-FFH
FP-FFHW
FP-3F
FP-3FW
FP-3FH
FP-3F90
FP-DL
FP-DD
FP-DEB
FP-DEW
FP-DEP
FP-AF
FP-AF90
FP-AP
FP-AP90
FP-APC
FP-APP
FP-FQ FU-D
FU-K
FU-S
FU-V

Oリング材質の一覧

>> Oリング技術資料


流体(液体や気体)によるゴム材質への影響

流体に接触したゴム材質(樹脂材質)は、程度に差があっても必ずその影響を受け、以下に掲げる膨潤や溶出(抽出)、分解といった現象を生じます。影響の程度については、特別な計測器を使用しなければ確認することが出来ない程に微小なものから、果ては製品が原型を留めることが出来ない程に多大なものまで、流体とゴム材質の相性によって大きく異なります。しかし、薬品を極めて高い純度に保つ必要があるなどの特殊な使用条件を除き、膨潤や溶出(抽出)の程度が微細であれば、Oリングの機能が著しく損なわれることはありません(分解は不可)。

 

1) 膨潤

膨潤とは、Oリング材質のベースとなる原料ゴムと流体の親和性が高いほど発生し易い現象で、流体が浸入してゴム分子間を押し広げた状態を指します。双方の親和性が高いと、原料ゴムのままであれば膨潤が進行し続けて最終的に溶解します。一方、架橋を経たOリング材質に於いては、流体がゴム分子間を押し広げる力と架橋による網目の弾性が一定の範囲で平衡する為、膨潤の進行はある程度で止まり、溶解もしません。油類に対して耐油性が劣るOリングを使用した際などに多く発生し、Oリングの中に流体を含んだ状態になることから体積が増加して膨れ上がり、顕著に軟化して機械特性が大きく低下してしまいます。尚、構造自体は破壊されていないことから、浸透した流体が揮発するとOリングは元の状態に戻ります。

2) 溶出(抽出)

溶出(抽出)とは、Oリング材質のベースとなる原料ゴムに添加された配合剤の内、充填材や可塑剤といった化学的に結合していない部分と流体の親和性が高いほど発生し易い現象で、流体と親和性の高い部分が外部に溶け出した状態を指します。原料ゴムや架橋の構造が破壊されるわけではありませんが、Oリングの体積が減少して痩せ細り、機械特性が大きく低下してしまいます。また、元の状態に戻ることは出来ません。

3) 分解

分解とは、流体がゴム分子鎖や架橋構造の一部と化学反応を起こし、構造を破壊してしまう現象です。溶解や亀裂(クラック)、崩壊といった深刻な破損が発生し、元に戻ることは出来ません。



接触流体(あ行)とOリング材質の耐性

Oリング材質の耐薬品性(頭文字が「あ行」の液体や気体に対する耐性)について、参考評価を一覧表で提示いたします。Oリング選定の目安としてご活用下さい。

 

↓ Oリング材質と接触する流体(液体/気体)の頭文字を選択して下さい ↓

Oリングの耐薬品性トップへ

耐薬一覧の対応番号(汎用シリーズのOリング材質)
対応
番号
@ A B C D E F G H
材料
系統
ニトリル
(中高)
ニトリル
(高)
フッ素ゴム
(2元系)
シリコン エチレン
プロピレン
クロロ
プレン
水素化
ニトリル
ウレタン フッ素
樹脂
Oリング
材質
NBR-70-1
NBR-90
NBR-70-2 FKM-70
FKM-90
VMQ-70
VMQ-50
EPDM-70
EPDM-90
CR-70 HNBR-70
HNBR-90
U-70
U-90
PTFE
耐薬一覧の対応番号(高機能シリーズのOリング材質)

FP=フロロパワー, FU=フロロアップ

対応
番号
I J K L M N O P Q
材料
系統
パーフロ
(FFKM)
パーフロ
(FFKM)
フッ素ゴム
(3元系)
バイトン
ETP
(FFKM-E)
アフラス
(FEPM)
(旧型)
アフラス
(FEPM)
(新型)
フロロ
シリコン

(FVMQ)
フッ素ゴム
(低粘着・
低固着)
フッ素ゴム
(低粘着・
低固着)
Oリング
材質
FP-FF
FP-FFW
FP-FFS
FP-FFSW
FP-FFN
FP-FFP
FP-FFH90
FU-FFEX
FP-FFH
FP-FFHW
FP-3F
FP-3FW
FP-3FH
FP-3F90
FP-DL
FP-DD
FP-DEB
FP-DEW
FP-DEP
FP-AF
FP-AF90
FP-AP
FP-AP90
FP-APC
FP-APP
FP-FQ FU-D
FU-K
FU-S
FU-V

Oリング材質の一覧

>> Oリング 技術資料




流体(液体・気体)の名称
≪ あ ≫
Oリング材質ごとの耐性一覧
汎用シリーズ 高機能シリーズ
@ A B C D E F G H I J K L M N O P Q
INH × ×
IPA
灰汁 (食品用ではない)
アクリロニトリル × × × × × × × × × ×
アクリル酸 × × × × × × × × × × × × ×
アクリル酸エチル × × × × × × × × × × × × ×
アクリル酸ブチル × × × × × × × × × × × × ×
アザベンゼン × × × × × × × × × × × × ×
アジピン酸 × × × × × ×
アジピン酸ビス (2-ブトキシエチル) ×
アジピン酸ブチルセロソルブ ×
亜硝酸 × × × × ×
亜硝酸ソーダ
亜硝酸ナトリウム
アスファルト × ×
アセチルアセトン × × × × × × × × × × × × ×
アセチレン × ×
アセトアミド × × × × ×
× × ×
アセトアルデヒド × × × × × × × × ×
アセト酢酸エチル × × × × × × × × × × ×
アセト酢酸メチル × × × × × × × × × × ×
アセトニトリル × × × × × × × × × × × ×
アセトフェノン × × × × × × × ×
アセトン × × × × × × × × × × × × ×
アニリン ×
アニリン染料 ×
亜麻仁油
アミノ安息香酸 × × × × × ×
アミノピリジン × × × × × × × × × × × × × ×
アミルアルコール
アミルナフタレン × × ×
亜硫酸ガス × ×
亜硫酸ソーダ
亜硫酸ナトリウム
アリルイソチオシアネート
α-クロロナフタレン × × × × × × × × × × × × × ×
α-クロロヒドリン × × × × × × ×
α-メチルアクリロニトリル × × × × × × × × × ×
安息香酸 ×
安息香酸エチル × ×
安息香酸ベンジル ×
アンモニアガス
アンモニア水 ×

◎:使用可 〇:多少の影響有り △:あまり推奨しない ×:使用不可

* 温度を併記していない流体は、常温(20〜25℃程度)での評価となります。

* 各評価は、原料ゴムの性能を基軸とした理論値によります。実際のご使用では温度や圧力をはじめとする様々な要素が複合的に影響します。一般的な仕様が当て嵌まらない場合があるので、ご使用に当たっては適合性の確認を行って下さい。

Oリングの耐薬品性トップへ

>>>お問い合わせ

>>>販売(Oリング.com)



[#]次へ

▲上へ
桜シール株式会社【Oリングの製造・販売】トップページ