桜シール株式会社【Oリングの製造・販売】
桜シール株式会社
[1]トップページ
[2]企業紹介
[3]製品情報-Oリング
[4]製品情報-オイルシール
[5]製品情報-パッキン・ガスケット
[6]製品情報-ゴム成形品ほか
[7]技術資料-Oリング
[8]技術資料-オイルシール
[9]技術資料-パッキン・ガスケット
[10]カタログ
[11]お問い合わせ(販売窓口)
[12]サイトマップ

メニュー:技術資料 Oリングの...
[#]次へ
Оリングの物性

Oリングの物性、つまりOリング材質が有する物理的な性質は、「硬度」、「引張強さ」、「伸び率」、「100%引張応力」、「圧縮永久歪み率」の5項目を数値化して比較するのが一般的で、Oリングの機械特性(外力に対する耐久性)を判断する上で有効な指標となります。それぞれの値は一定の条件下で行われた試験データから算出されますが、その中でも先の4項目を常温環境で測定した結果を常態物性値と呼び、Oリングの劣化を判断する際の基本値としています。因みにOリングの耐熱性評価で用いられる空気過熱老化試験は、常態物性値に対する加熱後の物性値について、変化の度合を測定する試験です。尚、それぞれの物性値は負の相関関係にあるものも多く、各々の性能は単体で捉えないで総合的に判断することが重要になります。また、物性値はOリングが保有する性能の目安として有用ではありますが、諸条件が重なる実運用に対して明確な基準が設定されているものではありません。各値を参考に材質を選択した後、実際に確認することを推奨いたします。

>>>お問い合わせ

>>>販売(Oリング.com)






Oリングの硬度

Oリングの硬度とは、即ちOリング材質(加硫ゴム)の硬さを数値で表したもので、JIS規格(JIS K6253)に準じた試験で導き出されるのが一般的です。ゴム弾性を有する加硫ゴムについて、外力に対する抵抗の大きさを0〜100に数値化したこの指標は、その数値が低いほど軟らかいことを、高いほど硬いことを表しています。尚、加硫ゴムの硬軟程度を表現する単語は、現在では「硬度」よりも「硬さ」を用いるのが主流になっています。詳細は、Oリングの硬度 (硬さ)を参照して下さい。






Oリングの引張強さ

Oリングの引張強さとは、端的に言えばOリング材質(加硫ゴム)の強度を数値で表したもので、JIS規格(JIS K6251)に準じた試験で導き出されるのが一般的です。この値が高いほど引裂や圧縮といった外力で変形し難いことを意味し、耐圧性をはじめ耐引裂性や耐摩耗性といった剛性が優れることになります。硬度が高くなると引張強さも高くなる傾向がありますが、硬度70のOリング材質に限定しても、引張強さは種類によって10MPa〜35MPa位の範囲で変動します。その範囲に於いて18MPa以上の引張強さを保有するものは、通常5MPa程度の耐圧性を有することとなり、高強度のOリング材質として扱われます。逆に12MPa以下のものは通常2MPa以下の耐圧性となり、低強度のOリング材質として扱われます。

 

 

Oリングの引張強さ試験

Oリングの引張強さは、「JIS K6251 引張特性の求め方」に準じた引張試験によって測定されるのが一般的です。この試験では、試験片を破断する引っ張った際の応力と伸びを計測し、「TSb (Tensile Strength at break)」若しくは「Tb」と呼ばれる破断時の最大応力値(単位はMPa)を求めることが出来ます。






[#]次へ

▲上へ
桜シール株式会社【Oリングの製造・販売】トップページ