桜シール株式会社【Oリングの製造・販売】
桜シール株式会社
[1]トップページ
[2]企業紹介
[3]製品情報-Oリング
[4]製品情報-オイルシール
[5]製品情報-パッキン・ガスケット
[6]製品情報-ゴム成形品ほか
[7]技術資料-Oリング
[8]技術資料-オイルシール
[9]技術資料-パッキン・ガスケット
[10]カタログ
[11]お問い合わせ(販売窓口)
[12]サイトマップ

メニュー: 技術資料 原料ゴム...
[#]次へ
ニトリルゴム(NBR)

原料ゴム(ポリマー)としてのニトリルゴム(NBR)の解説です。正式名称をアクリロニトリルブタジエンゴムというこのゴム材料は、その優れた耐油性や加工性、機械特性などからOリング用としては最も多く流通している石油系合成ゴムです。中でも加工性は特に良好で、硫黄による加硫が出来て、成形性や接着性にも非常に優れており、安定した生産が可能です。比較的安価である点からも、自動車産業をはじめとする様々な量産分野のOリング材質で活用されています。


正式名称 アクリロニトリルブタジエンゴム
化学構造 ブタジエン・アクリロニトリルランダム共重合体
ポリマー比重 0.96〜1.02
代表的特長 耐油性、耐磨耗性、耐老化性
主なOリング材質 NBR-70-1(1A)
NBR-90(1B)
NBR-70-2(2A)
HNBR-70
HNBR-D-90
ほか

>>>お問い合わせ

>>>販売(Oリング.com)

>>>原料ゴム(原材料)の一覧

>>>ゴム材質(Oリング)一覧



化学構造<ブタジエン・アクリロニトリルランダム共重合体>と特徴

共重合組成のひとつであるアクリロニトリルのニトリル基(-CN)の極性により、最大の特徴である耐油性が生み出されています。ランダム共重合体であることから組成に含まれるアクリロニトリルとブタジエンの比率を変化させることが可能で、その比率が直接ニトリル量の変化に繋がって、耐油性のほかにも下表のように様々な特性に影響を及ぼします。その中で最も広く使用されているのは中高ニトリルで、性能バランスが良く、Oリングに限らず様々な製品に活用されています。尚、ブタジエンはジエン系ゴムの特徴として組成中に二重結合が含まれるので、耐候性耐熱性については優れていません。

 

名称 極高ニトリル 高ニトリル 中高ニトリル 中ニトリル 低ニトリル
アクリロニトリル量
(wt%)
43以上 36〜42 31〜35 25〜30 24以下
効果 大   ←―――     強度     ―――→   小
優   ←―――    耐油性    ―――→   劣
弱   ←―――    耐寒性    ―――→   強
強   ←―――    耐熱性    ―――→   弱
優   ←―――   耐摩耗性   ―――→    劣
優   ←―――   耐薬品性   ―――→    劣
低   ←―――  ガス透過性  ―――→    高
主な用途   耐燃料油用 一般耐油用   低温用
Oリング材質   NBR-70-2(2A) NBR-70-1(1A)
NBR-90(1B)
   



変性品や物理的ブレンド品

ニトリルゴム(NBR)は、ランダム共重合体であることから第3モノマーの導入や置換が容易で、それを利用して新たな特性を持たせることが出来ます。製品化されたものも数多く存在します。

 

第3モノマーとしてメタクリル酸を導入したもので、耐磨耗性が強化され、高硬度品での加工性が良化しています。

ブタジエンの一部をイソプレンに置き換えたもので、強度と伸びが強化されています。



ブタジエンを水素化することで、耐熱性耐候性耐薬品性を良化させています。<Oリング材質−HNBR-70

PVC(塩化ビニル)を混合(ブレンド)し、耐オゾン性や耐候性を改良させています。尚、混合しているだけなので、化学的な結合はしていません。

 

>>>お問い合わせ

>>>販売(Oリング.com)

>>>原料ゴム(原材料)の一覧

>>>ゴム材質(Oリング)一覧



[#]次へ

▲上へ
桜シール株式会社【Oリングの製造・販売】トップページ