桜シール株式会社【Oリングの製造・販売】
桜シール株式会社
[1]トップページ
[2]企業紹介
[3]製品情報-Oリング
[4]製品情報-オイルシール
[5]製品情報-パッキン・ガスケット
[6]製品情報-ゴム成形品ほか
[7]技術資料-Oリング
[8]技術資料-オイルシール
[9]技術資料-パッキン・ガスケット
[10]カタログ
[11]お問い合わせ(販売窓口)
[12]サイトマップ

メニュー:NBR-70-2(2...
NBR-70-2(2種/2A/高ニトリル)の概要

NBR-70-2(2種/2A/高ニトリル)は、ニトリルゴム(NBR)をベースにしたOリング用のゴム材質の中でも特に耐油性に優れています。NBR-70-1(1A)などに比べてニトリル成分が多く含まれている高ニトリル材質であることから、中高ニトリルゴム材質のNBR-70-1(1種A/1A)などと比べて耐油性がより一層優れており、フッ素ゴム(FKM)がベースのFKM-70(4種D/4D)には及ばないものの、燃料油(灯油・軽油・ガソリンなど)に対する強い耐性をも有しています。また、気体透過性が低く、ガス系のシール材として使用されることもあります。尚、規格(JIS B 2401)材質としては、規格値と共に正式名称が2種(2A)からNBR-70-2に更新されて久しいですが、未だに旧規格の名称も常用されています。


 * Oリング以外でも様々な形状の製品製作が可能ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。

>>>お問い合わせ

>>>販売(Oリング.com)

>>>材質の一覧(ラインナップと性能)

>>>材質名称の対比(規格/メーカー)

 

化学構造

アクリロニトリル・ブタジエン共重合物と呼ばれ、アクリルニトリルに含まれるニトリル基(CN)が優れた耐油性に寄与しています。一般的なNBR材質よりアクリロニトリル成分が多いことで耐油性が向上していますが、耐寒性については性能が低下しています。また、若干ながら耐候性も改善されていますが、主鎖の二重結合が空気中の活性酸素と結合して断裂してしまい、オゾンクラックが発生してしまうことがあります。

 

関連する法規制等



NBR-70-2(2種/2A/高ニトリル)の特性値や物性値

NBR-70-2の規格値

規格(JIS B 2401)材質に於いて燃料油(ガソリン・軽油・灯油など)用のものとして一般的なこの材質は、名称が2種(2A)からNBR-70-2に更新されて久しいですが、未だに旧規格の名称も常用されています。尚、新JIS規格(JISB2401:2012)で規定される「NBR-70-1」と旧JIS規格(JISB2401:2005)で規定される「2種」では規格値が異なりますが、桜シールOリングはどちらの規格値もクリアしています。

試験種類 項目 新JIS
JIS B2401:2012
NBR-70-2
旧JIS
JIS B2401:2005
2種
常態物性試験 硬度 (JIS-A) 70±5 70±5
引張強さ (MPa) > 10.0 > 9.8
伸び率 (%) > 200 > 200
100%引張応力 (MPa) > 2.5 > 2.7
耐熱老化試験 試験条件 100℃ x 72時間 100℃ x 70時間
硬さ変化 < +10 < +10
引張強さ変化率 (%) > −15 > −15
伸び変化率 (%) > −40 > −40
圧縮永久歪み試験 試験条件 100℃ x 72時間 100℃ x 70時間
圧縮永久歪み率 (%) < 25 < 25

 

 

使用温度範囲

推奨値は−20〜100℃です。但し、最高温度域での継続使用は熱硬化による破損が生じやすく、寿命が短くなります。また最低温度域ではゴム弾性が悪くなる為、シール性が下がってしまいます。ご注意下さい。

 

 

圧力特性

最高圧力の推奨値は4MPaです。但し、諸条件によって数値は異なります。尚、耐圧性バックアップリングの併用で向上させることが出来ます。

 

 

耐薬品性

耐鉱物油性、耐燃料油性に非常に優れるほか、活性の低い薬品には概ね使用できます。Oリングの耐薬品性 (接触流体と材質の適合性)にてより多くの液体や気体に対する耐性の一覧を掲載しておりますので、下表と併せて参考にして下さい。

薬品名 耐性 薬品名 耐性
アセトン × 硝酸 ×
アンモニア水 水素ガス
IPA 水道水
エタノール スピンドル油
エチレングリコール 100℃水蒸気
エチレンジアミン 石鹸水
エマルジョン系作動油 炭酸水
塩酸 × 炭酸ガス
エンジン油 灯油
海水 トルエン ×
過酸化水素水 動物油
苛性ソーダ フッ酸 ×
ガソリン フレオンR134a
カップグリス ベンゼン ×
ギア油
マシン油
空気 ミルク
軽油 水系切削油
ケロシン
メタノール ×
食酢 MEK ×
酢酸エチル × ラッカー ×
酸素 りん酸エステル系作動油 ×
植物油
希硫酸
次亜塩素酸ソーダ リチウムグリス
シリコングリス 鉱油系冷凍機油
重油 硫化水素 ×

◎:使用可 〇:多少の影響有り △:あまり推奨しない X:使用不可

注)上記は参考データです。温度や圧力、その他の条件によって使用可否は変化します。


>>>お問い合わせ

>>>販売(Oリング.com)

>>>材質の一覧(ラインナップと性能)

>>>材質名称の対比(規格/メーカー)

このページのTOPへ戻る



NBR-70-2(2種/2A/高ニトリル)の使用について

主な使用箇所

 

 

取扱注意点

 

>>>お問い合わせ

>>>販売(Oリング.com)

>>>材質の一覧(ラインナップと性能)

>>>材質名称の対比(規格/メーカー)

このページのTOPへ戻る




▲上へ
桜シール株式会社【Oリングの製造・販売】トップページ