桜シール株式会社【Oリングの製造・販売】
桜シール株式会社
[1]トップページ
[2]企業紹介
[3]製品情報-Oリング
[4]製品情報-オイルシール
[5]製品情報-パッキン・ガスケット
[6]製品情報-ゴム成形品ほか
[7]技術資料-Oリング
[8]技術資料-オイルシール
[9]技術資料-パッキン・ガスケット
[10]カタログ
[11]お問い合わせ(販売窓口)
[12]サイトマップ

メニュー:製品情報 Oリング材...
[#]次へ
Oリング材質−加硫ゴムの種類と選定

Oリング材質(加硫ゴム)とは、原材料(原料ゴムと配合材)の混練によって製作された配合ゴム(コンパウンド)に対して架橋反応を促したものを指し、Oリングの特性や物性を決定付ける最も重要な要素です。ご使用の環境(温度・圧力・シール対象物など)を勘案し、慎重な選定を行って下さい。(* Oリングの選定では、サイズも選択する必要があります。)


Oリング材質と材料区分(材料系統ごとのショートカット)

NBR

(1Aなどニトリルゴム系)

FKM

(4Dなど汎用フッ素ゴム系)

VMQ

(4Cなどシリコンゴム系)

EPDM

(エチレンプロピレンゴム系)

HNBR

(水素化ニトリルゴム系)

CR

(クロロプレンゴム系)

U

(ウレタンゴム系)

PTFE

(フッ素樹脂/テフロン系)

FFKM

(FP-FFなどパーフロ系)

3元系FKM

(FP-3Fなどフッ素ゴム系)

FEPM

(FP-APなどアフラス系)

FFKM-E

(FP-DEBなどバイトンETP系)

FVMQ

(FP-FQなどフロロシリコンゴム系)

非粘着フッ素ゴム

(FU-Sなどフロロアップ系)

放射線架橋フッ素ゴム

(FP-APRなど酸素プラズマ用)

その他

>>>お問い合わせ

>>>販売(Oリング.com)

>>>種類(材質/サイズ)

>>>材質名称の対比(規格/メーカー)

 

 

選定の基礎項目

Oリング材質の選定では、必ず考慮しなければならない使用条件の基礎項目として、「温度」、「圧力」、そして「接触対象」という3つの項目を挙げることが出来ます。但し、Oリング材質の選定に当たっては、全ての使用条件を総合的に捉えた判断が必要となります。よって、本来は各々の性能を一元的に解釈するべきではありません。諸々の計算値(理論値)は参考とし、実際に確認することを推奨いたします。

 * 温度

温度条件につき、高温や低温、或いは高低温の繰り返し使用などを考慮して、Oリング材質の保有する耐熱性(高温特性)耐寒性(低温特性)を踏まえた材質選定を行って下さい。

 * 圧力

圧力条件につき、Oリングのはみ出し限界などを考慮して、耐圧性(耐ブリスター性)を踏まえた材質選定を行って下さい。また、必要に応じてはバックアップリングの併用を検討して下さい。

 * 接触対象

接触対象につき、油や薬品といったシール対象物、若しくは屋外環境に於ける大気を考慮して、液体/気体に対する耐性耐候性、必要に応じては気体透過性なども踏まえた材質選定を行って下さい。




NBR(ニトリルゴム)によるOリング材質
材料系統−原料ゴムの種類

NBR(ニトリルゴム)
名称 <材質番号>
 * JISや原料ゴムに係る通称など
代表特性 温度の目安 (℃) 硬さ
(JIS-A)
色調
優位特性 劣位特性 低温 高温
NBR-70-1(1A) <材質番号:1007>
 * 1種A、1A、ニトリルHS70、ハイカー
耐油(鉱物)、価格、
入手
耐熱耐候(オゾン)
耐薬品
−30 +100 70±5
NBR-90(1B) <材質番号:1009>
 * 1種B、1B、ニトリルHS90、NBR90°
耐油(鉱物)耐圧
価格、入手
耐熱耐候(オゾン)
耐薬品伸縮
−20 +100 90±5
NBR-70-2(2A) <材質番号:1017>
 * 高ニトリル、燃料油用ニトリル
耐油(燃料・鉱物)
入手
耐熱耐候(オゾン)
耐薬品
−20 +100 70±5
NBR-50 <材質番号:1005>
 * ニトリルHS50、NBR50°
耐油(鉱物) 耐熱耐候(オゾン)
耐薬品、入手
−30 +100 50±5
NBR-60 <材質番号:1006>
 * ニトリルHS60、NBR60°
耐油(鉱物) 耐熱耐候(オゾン)
耐薬品、入手
−30 +100 60±5
NBR-80 <材質番号:1008>
 * ニトリルHS80、NBR80°
耐油(鉱物) 耐熱耐候(オゾン)
耐薬品、入手
−20 +100 80±5

※ 当サイトに記載されているデータ等は、選定の目安として参考にして頂く為のものです。実際に使用する際は、様々な複合要因から一般的な仕様が当て嵌まらないこともありますので、適合性の事前確認を推奨いたします。

>>>お問い合わせ

>>>販売(Oリング.com)




FKM(フッ素ゴム)によるOリング材質
材料系統−原料ゴムの種類

FKM(フッ素ゴム)
名称 <材質番号>
 * JISや原料ゴムに係る通称など
代表特性 温度の目安 (℃) 硬さ
(JIS-A)
色調
(製作可)
優位特性 劣位特性 低温 高温
FKM-70(4D) <材質番号:2007>
 * 4種D、4D、FPM-70、バイトンHS70
耐熱耐油(全般)
耐薬品耐候、入手
耐極性溶剤・蒸気 −20 +230 70±5
(茶,緑)
FKM-90 <材質番号:2009>
 * FPM-90、フッ素HS90、バイトン90°
耐熱耐油(全般)
耐薬品耐候耐圧
耐極性溶剤・蒸気
伸縮
−10 +230 90±5
FKM-60 <材質番号:2006>
 * FPM-60、フッ素HS60、バイトン60°
耐熱耐油(全般)
耐薬品耐候
耐極性溶剤・蒸気
入手
−20 +230 60±5
FKM-80 <材質番号:2008>
 * FPM-80、フッ素HS80、バイトン80°
耐熱耐油(全般)
耐薬品耐候
耐極性溶剤・蒸気
入手
−10 +230 80±5
FKM-D-90 <材質番号:2109>
 * FKM-AED(RGDテスト合格)
耐ブリスター(RGD) 伸縮、特殊 −10 +230 90±5

※ 当サイトに記載されているデータ等は、選定の目安として参考にして頂く為のものです。実際に使用する際は、様々な複合要因から一般的な仕様が当て嵌まらないこともありますので、適合性の事前確認を推奨いたします。

>>>お問い合わせ

>>>販売(Oリング.com)



[#]次へ

▲上へ
桜シール株式会社【Oリングの製造・販売】トップページ