フロロパワーAPHW(耐熱白色FEPM/アフラス)の概要

フロロパワーAPHW.jpgフロロパワー(Fluoro-Power)🄬シリーズに属するFEPM(アフラス)ゴム材質の耐熱白色タイプであるフロロパワーAPHW(Fluoro-Power APHW/FP-APHW)は、原材料に最新型のFEPM(アフラス/テトラフルオロエチレンプロピレン系フッ素ゴム)が用いられているOリング用の各種ゴム材質のひとつです。FKM-70 (4D)など汎用の2元系フッ素ゴム材質では対応することが難しい270℃クラスの耐熱性、並びに強酸や強アルカリ、蒸気などに対する耐薬品性を兼ね備え、加えてノンカーボンの白色材質でありながら優良な機械的性質を有しています。

 

フロロパワーAPHWは、半導体をはじめとする電子産業での高温プラズマプロセスに於いてフロロパワーFFSWといったトップグレードのFFKMゴム材質と使い分けることで、ランニングコストの低減を可能にする材質です。特にCVDプロセスにあっては、高温環境、ラジカル、腐食ガスなどに対する優れた耐性により、極めて高い効果を発揮します。尚、前述のとおり高温条件下でも良好な圧縮永久歪み率を維持できる耐熱性、汎用材には無い優れた耐薬品性、そしてカーボンブラック無添加の白色材質であるにも拘わらず強い物性といった種々の優秀な性能から、電子産業に限らず幅広い分野での活躍が期待される材質です。

 

 * Oリング以外でも様々な形状の製品製作が可能ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。
 * フロロパワー(Fluoro-Power)®は、桜シール株式会社の登録商標です。

>>>お問い合わせ

>>>販売(Oリング.com)

>>>フロロパワーシリーズ(高機能材)

>>>材質の一覧(ラインナップと性能)

>>>材質名称の対比(規格/メーカー)

 

 

化学構造

FP-AP.png4フッ化エチレン・プロピレン共重合体です。EPMのエチレン部分をフッ素化していることからフッ化EPM、つまりはFEPMと呼ばれています。EPMの長所を保持しながらフッ化によって耐薬品性や耐熱性が向上されており、同じくフッ素ゴムに分類される一般的なFKMとは大きく性能が異なります。その他、FEPMが有す特殊な性質として耐放射線性が挙げられます。放射線を照射した際、FKMやFFKMといった他のフッ素ゴムでは架橋が切断されて物性が著しく低下するのに対し、FEPMの場合は主鎖であるプロピレンが放射線で架橋することから、物性が維持または良化する傾向があります。

 

 

関連する法規制等

  • RoHS指令10物質(Pb, Cd, Hg, Cr6+, PBB, PBDE, DEHP, BBP, DBP, DIBP)の含有量は閾値以下です。
  • REACH規制対象物質の意図的添加はいたしておりません。