流体(液体・気体)の名称
≪ く ≫
Oリング材質ごとの耐性一覧
汎用シリーズ 高機能シリーズ
@ A B C D E F G H I J K L M N O P Q
空気
クエン酸
クミン酸 × × × ×
クメン × × × ×
グリオキサール
グリオキザール
グリコール油
グリセリン ×
グリセリントリアセテート × × × × × ×
グリセロール ×
グルコース
クレオソート油 × × ×
クレゾール × × × × × × × × ×
クロム酸 × × × × × ×
クロロアセトン × × × × × × ×
クロロ蟻酸エチル × × × × × ×
クロロ蟻酸メチル × × × × × × × × ×
クロロ酢酸 × × × × × × × × × ×
クロロスルホン酸 × × × × × × ×
クロロ炭酸エチル × × × × × ×
クロロ炭酸メチル × × × × × × × × ×
クロロドデカン × × × × × × ×
クロロトルエン × × × × × × × × × ×
クロロナフタレン × × × × × × ×
クロロピクリン × × × × × × × × × ×
クロロブロモメタン × × × × × × ×
クロロベンゼン × × × × × × × × × ×
クロロホルム × × × × × × × ×
クロロメチルベンゼン × × × × × × × × × ×
クロロ硫酸 × × × × × × ×

◎:使用可 〇:多少の影響有り △:あまり推奨しない ×:使用不可

* 温度を併記していない流体は、常温(20〜25℃程度)での評価となります。

* 各評価は、原料ゴムの性能を基軸とした理論値によります。実際のご使用では温度や圧力をはじめとする様々な要素が複合的に影響します。一般的な仕様が当て嵌まらない場合があるので、ご使用に当たっては適合性の確認を行って下さい。

Oリングの耐薬品性トップへ

>>>お問い合わせ

>>>販売(Oリング.com)